【厳選】TOHOシネマズを割引料金で観る3つの方法

7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_s

TOHOシネマズを割引料金で観る3つの方法の1つ目は、毎月14日がTOHOシネマズの日ですので、割引日となります。

お好きな作品が1,100円でご覧になれます(1部対象外の作品があります、また3D料金、プレミア料金での上映は除きます)。

 

2つ目は、auマンデイ。

auスマートパス会員の方、ビデオパス会員の方は、毎週月曜日が祝日であっても割引日となり、映画鑑賞料金が1,100円になります。

同伴者お一人にも適用されますのでお得です。

 

3つ目は、シネマイレージデイ。

シネマイレージカードをお持ちの方は、毎週火曜日が割引日となり、カードを提示するだけで、1,400円で映画をご覧になることができます(特別上映にはご利用できません)。

 

シネマイレージカードには、その他にも特典があり、6回映画を観ると1回無料で観賞できるスタンプラリーサービス、

また、有料で観た映画の本編1分を1マイルに換算してマイルが貯まるサービスなどがありますので、TOHOシネマズで映画をご覧になる方は、持っているとたいへんお得になります。

webから簡単に申し込むことができ、申し込み後は劇場で即発行されます。

シネマイレージカードには、クレジット機能なしタイプ、クレジットカードタイプの2種類があります。

さらに、TOHOシネマズでは、毎日20時以降に上映されるレイトショーの作品は、1,300円で観賞することができます。

こちらは、毎日ですので、お仕事やお買い物の帰りにお得な料金でご覧になって、翌日の話題作りにも活用できます。

そもそもauビデオパスとは?格安料金の裏に悪い評判あり!?

auユーザーが登録できる動画サービスに「auビデオパス」というものがあります。

月額562円(税抜)で登録できる格安動画サービスで、しかも初月は無料です。

ではこのauビデオパスとは一体どんなサービスなのか?また、登録するメリットはあるのか?

月にたった562円とは言っても、メリットがないなら登録する意味はありませんからね…

ということで今回は、auビデオパスの詳細やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

 

auビデオパスのメリット

まず初めにauビデオパスのメリットから紹介していきます。

auビデオパスの主なメリットがこちら。

  • 料金が格安
  • 30日間の無料期間中に解約も可能
  • 毎月もらえるコインで新作レンタルが1本無料
  • 専用アプリで動画をダウンロード保存可能
  • パソコンやタブレットでも視聴可能
  • 映画館でのお得な割引

では1つずつ解説していきます。

 

メリット①:料金が格安

一番最初にも言いましたが、auビデオパスの料金は月額562円(税抜)です。

しかも、最初の30日間は無料で利用することができます。

もちろん料金が格安ということで作品数自体は少ないんですが、それでも安く始められる動画サービスということで利用するハードルは低いですよね。

ちなみに他社動画サービスと比較することで、auビデオパスの料金がいかに格安なのかがわかります。

  • auビデオパス … 562円(税抜)
  • dTV … 500円(税抜)
  • ゲオチャンネル … 590円(税抜)
  • Netflix(ベーシックプラン) … 650円(税抜)
  • Netflix(スタンダードプラン) … 950円(税抜)
  • FOD … 888円(税抜)
  • Hulu … 933円(税抜)
  • U-NEXT … 1,990円(税抜)

auビデオパスは最安ではありませんが、他社と比較しても格安なのがわかりますね。

 

メリット②:30日間の無料期間中に解約も可能

auビデオパスでは最初の30日間が無料とお話ししましたが、この無料期間中に解約することも可能です。

もちろん解約しても料金はかかりません。

サービスを利用してみて気に入らなければ解約できるので、安心して始めることができますね。

 

メリット③:毎月もらえるコインで新作レンタルが1本無料

このメリットがauビデオパスを利用する上でのちょっとしたポイントです。

auビデオパスに登録すると毎月540コインをもらうことができます。

このコインは1コイン=1円として利用でき、新作レンタルにも利用が可能です。

新作レンタルは540円のものが多い(一部では540円以上のものもあります)ので、毎月1本の新作を無料でレンタルできるということになります。

他社動画サービスだと新作動画は基本的に追加料金がかかるものです。

その点、auビデオパスは新作も毎月1本無料で観られるので嬉しいですよね♪

 

メリット④:専用アプリで動画をダウンロード保存可能

auビデオパスの専用アプリでスマホやiPadに動画をダウンロードし、オフラインで動画を視聴することも可能です。

他社動画サービスではオンラインのストリーミング再生にしか対応していないものもあり、こういったデメリットがあります。

  • ネット環境でないと動画が観られない
  • 通信状態が悪いと動画がフリーズする

オフライン再生ができるauビデオパスはこういった不具合を避けることができます。

その点でauビデオパスは優れているのがわかりますよね。

注意点としては動画ダウンロードの通信量。

動画ダウンロードということで通信量が多くなるので、WiFi環境での動画ダウンロードをおすすめします。

通常のモバイルデータ通信で動画をダウンロードしてしまうと、あっという間に通信制限に引っかかってしまうので…

 

メリット⑤:パソコンやタブレットでも視聴可能

auビデオパスはスマホだけでなくパソコンやタブレットでも動画を視聴することができます。

なのでこんな使い方もできますよ!

  • 自宅で観ていた動画の続きを外出先でスマホを使って観る
  • パソコンで観ていた動画の続きをお風呂に浸かりながらタブレットで観る

使い方は人それぞれでいろんな使い方ができます♪

 

メリット⑥:映画館でのお得な特典

auビデオパス会員になることで映画館でのお得な特典を受けることもできます。

  • TOHOシネマズ … 毎週月曜は映画料金が1,100円。ポップコーンセットが半額以下の320円に。
  • ユナイテッドシネマ … 映画料金がいつでも1,400円。ポップコーンセットシングルが半額の390円に。

映画料金割引が特にお得で、その中でもTOHOシネマズは毎週月曜が映画料金1,100円とお得です。

たいていの人はレディースデーやレイトショーなど、割引のある曜日や時間帯を選ぶもの。

そのため割引のある曜日や時間帯の映画館はやはり混みがちです。

なので、月曜ならいつでも1,100円で映画を観られるauビデオパス会員の特典を使うことで、混雑する曜日や時間を避けることができます。

これなら快適に映画を観ることができますね♪

30日間無料で試せるauビデオパス

 

auビデオパスのデメリット

次にauビデオパスのデメリットについても紹介します。主なデメリットがこちら。

  • au以外のユーザーは利用不可
  • 作品数が少ない
  • 画質が悪い場合も
  • テレビでの視聴には向かない
  • 複数端末での同時視聴は不可

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

デメリット①:au以外のユーザーは利用不可

auビデオパスはauユーザーのみが利用できるサービスです。

au以外のドコモやソフトバンクなどのユーザーはauビデオパスを利用することができません。

その点ではドコモユーザー以外も利用できる「dTV」の方が優れていると言えます。

 

デメリット②:作品数が少ない

auビデオパスは格安料金のためか作品数は少なめです…

他社動画サービスと比較すると、auビデオパスの作品数の少なさがよくわかります。

  • auビデオパス … 1万本以上
  • dTV … 12万本以上
  • U-NEXT … 12万本以上
  • Hulu … 4万本以上

もしガッツリ動画を観たいのであれば、「U-NEXT」や「Hulu」などのサービスをおすすめします。※dTVは動画数は多いですが、観放題の作品数は減るので除外。

簡単にU-NEXTとHuluの比較表も載せておきます。

  U-NEXT Hulu
月額料金 1,990円(税抜) 933円(税抜)
無料期間 31日間 2週間
作品数 12万本以上 4万本以上
観放題作品数 5万本以上 4万本以上(全て観放題)
アダルト観放題
同時視聴 4人まで 不可
動画ダウンロード 可能 不可
特徴 幅広いジャンルで国内最大級の作品数。新作映画やドラマにも強い。アダルトジャンルもある。 海外ドラマが圧倒的に多い。オリジナル作品や国内独占配信作品も豊富で幅広いジャンルを扱う。

料金や作品数、ジャンルなどでどちらのサービスがいいかを選ぶといいでしょう。

 

 U-NEXTはこんな人におすすめ

  • とにかく作品数にこだわりたい人
  • 動画をダウンロードしてオフラインでも観たいという人
  • アダルト動画も観たい人

31日間無料で試せるU-NEXT

 

 Huluはこんな人におすすめ

  • 月額料金は安く抑えたい人
  • 全ての作品が観放題がいい人
  • 海外ドラマをたくさん観たい人

2週間無料で試せるHulu

 

デメリット③:画質が悪い場合も

auビデオパスはスマホ向けの動画サービスということで、画質が悪い場合もあります。

auビデオパスの画質は一応HD画質(720p)までとなっていますが、SD画質(480p)のものがほとんどです。

もちろん大画面で観るわけではないので、画質はそこまでこだわらなくていいと思いますが、画質にどうしてもこだわりたい人にはauビデオパスはおすすめできません。

 

デメリット④:テレビでの視聴には向かない

auビデオパスは基本的にスマホやタブレット、パソコンなどで動画を観るサービスです。

テレビに出力して動画を観ることもできますが、クロームキャストやApple TV、パナソニックVIERAなどの端末に限られます。

なのでauビデオパスはテレビでの視聴には向かないサービスということになってしまいます。

 

デメリット⑤:複数端末での同時視聴は不可

auビデオパスは複数端末での同時視聴はできません。1端末ごとの視聴のみとなっています。

まあこれは仕方ないというか、当たり前なのかもしれません。

というのもauビデオパスはauユーザー向けのサービスであり、つまりはauのスマホ向けのサービスだからです。

スマホで動画を観てもらうのをメインにしているので、わざわざ複数端末で視聴可能にする必要はありませんからね。

ということでauビデオパスは複数端末での同時視聴ができませんので、同時視聴したい方にはおすすめできません。

 

auビデオパスの評判は?

auビデオパスの評判はいいのか?悪いのか?ということでネット上の口コミを集めてみました。

 

auビデオパスの良い口コミ

 

auビデオパスの悪い口コミ

 

auビデオパスの口コミまとめ

auビデオパスの口コミについては悪い口コミはそこまで多くありませんでした。

もちろん作品数が少ないなどのデメリットはauビデオパスにはありますが、そもそも格安料金なのでその辺は仕方ないとユーザーも思っているのかもしれませんね。

ただ、中にはauビデオパスならではの動画配信もあります。

アイドルやアニメなど、auビデオパスだけの配信動画もありますので、これらの作品を探してみるのも面白いかもしれないですね。

30日間無料で試せるauビデオパス

 

auビデオパスについてのまとめ

auビデオパスについて今回は詳しく解説してきました。

auビデオパスは月額562円(税抜)でなおかつ30日間無料ということで、気軽に始めるられる動画サービスです。

ただ、やはり格安料金ということもあり作品数は少なめ…

また、auユーザー以外はauビデオパスを利用できないというのも大きなデメリットです。

なのでもし本格的に動画を楽しみたいのであれば、「U-Next」や「Hulu」といった動画サービスを利用した方がいいでしょう。

ただ、とは言ってもauビデオパスならではのメリットというのも存在します。

  • 毎月もらえるコインで新作レンタルが1本無料になる
  • TOHOシネマズやユナイテッドシネマで映画やポップコーンの割引がある

特に映画館での割引は、これだけでもauビデオパスの会費の元が取れてしまうくらいお得な特典です。

動画メインで契約するならauビデオパスはそこまでメリットは多くありませんが、映画割引などの特典を使うことができれば、auビデオパスの利用価値は一気に高まります。

auビデオパスはauユーザーにしか利用できないサービスではありますが、逆に言うとそれはauユーザーだけの特権ということです。

ドコモやソフトバンクのユーザーが絶対利用することのできないサービス。

そんなauビデオパスをまずは無料で試してみてはいかがでしょうか?

30日間無料で試せるauビデオパス

 

TOHOシネマズ使うなら必見!シネマイレージカードは持たなきゃ損?

TOHOシネマズユーザーならぜひ持っておきたいシネマイレージカード。

私も持っているカードですが、以前はなんとなくクレジットカードを発行することに抵抗があり、発行をためらっていました。

しかし、今考えればもっと早く作っておけばと後悔しています…。つまり、それだけお得なカードだったということです。

ということでこの記事を読んでいるあなたには、私のような失敗をしてもらわないよう、シネマイレージカードの魅力について解説していきたいと思います。

ぜひこの記事を読んで、私と同じ道を歩まないようにしてくださいね(笑)

シネマイレージカード公式サイト

 

 

シネマイレージカードの特徴・メリット

シネマイレージカードには主に次のような特徴・メリットがあります。

  1. 6本の映画鑑賞で1本無料
  2. 上映時間1分で1マイル貯まる
  3. 毎週火曜日は1,400円
  4. 年会費は実質無料
  5. 永久不滅ポイントも貯まる

このようにお得な特典がそろったカードです。ではどういった内容なのか?それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

6本の映画鑑賞で1本無料

シネマイレージカードでは映画1本を観るたびに1ポイント貯まります。そして6ポイント貯めると映画1本を無料で観ることができます。還元率にすると驚異の16.67%です。

また嬉しいことに、このポイントには有効期限がありません。カード会員である限りポイントは残っているので、ゆっくりポイントを貯めることができます♪

 

上映時間1分で1マイル貯まる!貯まったマイルは景品に交換

シネマイレージカードは上映時間1分で1マイルが貯まります。100分の映画なら100マイルが貯まります。

そして貯まったマイルは各種景品に交換することができます。※マイルの有効期限は最長2年です。

 

 300マイルの景品例

300マイルの場合は映画のオリジナルグッズの応募券などに使えます。

 

 1000マイルの景品

1000マイルの場合はポップコーンSサイズ、またはドリンクSサイズと交換できます。

 

 6000マイルの景品

6000マイルの場合はなんと1ヶ月フリーパスポートと交換できます。(六本木ヒルズは9000マイル)

1ヶ月の間、自分の好きな時に好きなだけ映画を無料で見放題になります。

6000マイル貯めるにはだいたい映画50~60本分ですね。毎週映画を観るくらい映画が好きな方なら十分貯められるマイルです。

マイルの有効期限は最長2年なので十分達成可能だと思います。

 

毎週火曜日は1400円で映画が観られる

毎週火曜日はシネマイレージデイです。シネマイレージカードがあれば1400円で映画を観ることができます。

レイトショーは1300円なので、それに比べると少し割高にはなりますが、時間を気にせずいつでも1400円で観られるのはうれしいですね。

 

年会費は実質無料!年1回のカード利用でOK!

シネマイレージカードの年会費は

  • 初年度:無料
  • 2年目以降:年1回の利用で無料(通常は300円+税)

となっています。※JCBの場合の年会費です。アメリカン・エキスプレスの場合は3,000円+税の年会費がかかります。

完全無料ではありませんが、年1回の利用で無料になるのでハードルはかなり下がります。

それに映画を観にTOHOシネマズに行けば、必ずシネマイレージカードを使いますよね。その時点で年会費無料の条件はクリアしてしまいます。

年会費が実質無料で持ちやすいカードです。

 

永久不滅ポイントも貯まる

シネマイレージカードはセゾン系列のクレジットカードなので、永久不滅ポイントも貯まります。

ポイント還元率自体は0.5%と高くはありませんが、有効期限を気にする必要がないのがありがたいですね。

メインはTOHOシネマズの特典で、永久不滅ポイントはあくまでおまけ程度ですが、映画を観ることで少しずつポイントは貯まっていきます。

これもちょっとした嬉しい特典ですね。

 

シネマイレージカードの注意点

お得なシネマイレージカードですが、注意点も紹介しておきます。

  • クレジット機能なしは年会費と更新手続きが必要
  • アメリカン・エキスプレスは年会費3,000円+税

これらについても解説していきます。

 

クレジット機能なしは年会費と更新手続きが必要

シネマイレージカードにはクレジット機能あり・なしの2種類があります。クレジット機能なしは年会費と更新手続きが必要になるので注意しましょう!

 

  クレジット機能なし クレジット機能あり
年会費 初年度:500円
2年目以降:300円
初年度:無料
2年目以降:年1回のカード利用で無料(通常300円+税)
更新手続き 必要 不要

クレジット機能なしの場合、年会費がかかるのはもちろん痛いんですが、個人的には更新手続きが毎年必要なのがしんどいと思います。

私はクレジット機能ありの方を発行したので、更新手続きもなく助かっています♪

 

アメリカン・エキスプレスは年会費3,000円+税

シネマイレージカードは

  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス

の2つの国際ブランドから選ぶことができます。そしてアメリカン・エキスプレスは注意点が3,000円+税もかかるので注意が必要です。

2つの国際ブランドによるカードの違いをまとめるとこんな感じです。

 

  MasterCard アメリカン・エキスプレス
年会費 初年度:無料
2年目以降:年1回のカード利用で無料(通常300円+税)
3,000円+税
保険 最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険

アメリカン・エキスプレスは旅行保険が付きます。これはこれでありがたいんですが…、年会費3,000円+税を払う必要は正直ありません。

せっかくの映画特典が高い年会費で台無しになってしまいますからね…。それに旅行保険が付くクレジットカードなら、無料でもたくさんありますしね。

ということでシネマイレージカードはMasterCard一択でOKです。

 

シネマイレージカードの口コミ

シネマイレージカードの口コミについても紹介しておきます。気になる内容だと思いますので参考にしてみてください。

 

悪い口コミ

 

良い口コミ

 

口コミまとめ

口コミについては全体的に良い印象でした。特に欠点らしい欠点も見当たらないので当然の結果なのかもしれません。

そしてやはり6回観て1回無料になる特典に対する好意的な声が多かったです。また、「早く作っておけば良かった…」という声も多かったです。私と同じですね(^_^;)

ということでシネマイレージカードは口コミ評価も良く、ユーザーに評判のカードと言っていいでしょう。

 

シネマイレージカードの審査難易度は?

シネマイレージカードの審査難易度はそこまで高くありません。普通に定職に就いていて、支払い遅延などもしていなければ、問題なく審査には通るでしょう。

審査に通りやすい理由としては

  1. セゾン系のカードだから
  2. ユーザーを積極的に獲得したいから

の2つがあります。

1つ目の理由「セゾン系のカードだから」ですが、他のカードも含めてセゾン系のカードは全体的に発行しやすい傾向にあります。

シネマイレージカードも同じセゾン系のカードとして、審査は通りやすい傾向にあります。

2つ目の理由「ユーザーを積極的に獲得したいから」ですが、やはりたくさんの人にTOHOシネマズを利用してもらった方が利益になるわけです。

カードをたくさん発行した方が利益につながることになります。なので審査を緩くしてカードを積極的に発行する動きが考えられます。

以上

  1. セゾン系のカードだから
  2. ユーザーを積極的に獲得したいから

の2つの理由からシネマイレージカードは審査に通りやすいカードと言ってもいいでしょう。

ちなみに私がシネマイレージカードを作った時の情報も載せておきます。

  • 年齢:31歳
  • 職業:自営業
  • 年収:300万円

こんな私でも審査には問題なく通りました。審査もスムーズで申し込んだ次の日には、審査合格の連絡が来ましたよ♪

 

まとめ:TOHOシネマズユーザーはぜひシネマイレージカードを

シネマイレージカードの魅力について解説しましたがいかがでしたか?TOHOシネマズを利用する人にとっては、お得な特典やメリットが多いことがわかったかと思います。

主な特徴やメリットとして

  • 6本の映画鑑賞で1本無料
  • 上映時間1分で1マイル貯まる
  • 毎週火曜日は1,400円
  • 年会費は実質無料
  • 永久不滅ポイントも貯まる

などを紹介しました。やはり目玉は6本映画を観れば1本無料になる特典です。毎月映画を観に行けば年間2回も無料で観ることができます。

逆にシネマイレージカードを持っていないとそれだけ損してしまうということですね。

ということでシネマイレージカードはTOHOシネマズユーザーにはお得すぎるカードと言えます。

TOHOシネマズユーザーの方は、発行してみてはいかがでしょうか?

シネマイレージカードのお申し込みはこちら

 

シネマイレージカードの基本情報

年会費 本会員 MasterCard:初年度無料、2年目以降300円+税(年1回のカード利用で無料)
アメリカン・エキスプレス:3,000円+税
家族会員
ポイント 還元率 0.5%
有効期限 無期限
支払い 締め日 月末
支払日 翌々月4日
支払い方法 1回、2回、ボーナス1回、ボーナス2回、リボ
キャッシング年率 12.00%~18.00%
限度額 30万円~150万円
追加カード ETCカード(発行手数料無料、年会費無料)
国際ブランド MasterCard、アメリカン・エキスプレス
入会資格 18歳以上
※20歳未満は親の同意が必要
保険 海外旅行(自動付帯) 死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
携行品損害 30万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円
国内旅行(利用付帯) 死亡・後遺障害 3,000万円
入院保険金 日額5,000円
通院保険金 日額3,000円
ショッピング 100万円
特典
  • 映画6本鑑賞で1本無料
  • 上映時間1分につき1マイル貯まる
  • 毎週火曜日は1,400円で鑑賞可能
備考

以下の地域、TOHOシネマズで利用可能です。

 東北


【青森県】
おいらせ下田

【秋田県】
秋田

【宮城県】
仙台


 

 関東


【東京都】
日劇、スカラ座・みゆき座、シャンテ、新宿、六本木ヒルズ、日本橋、渋谷、西新井、南大沢、府中、錦糸町

【栃木県】
宇都宮

【茨城県】
ひたちなか、水戸内原

【千葉県】
ららぽーと船橋、市川コルトンプラザ、八千代緑が丘、流山おおたかの森、市原、柏

【神奈川県】
海老名、小田原、川崎、ららぽーと横浜、上大岡

【埼玉県】
ららぽーと富士見

【山梨県】
甲府


 

  中部


【静岡県】
浜松、サンストリート浜北、ららぽーと磐田

【愛知県】
名古屋ベイシティ、津島、東浦、木曽川

【岐阜県】
岐阜、モレラ岐阜

 【富山県】
ファボーレ富山、高岡

【長野県】
上田


 

 関西


【大阪府】
梅田、なんば、泉北、くずはモール、鳳

【京都府】
二条

【兵庫県】
伊丹、西宮OS

【奈良県】
橿原


 

  中国


【岡山県】
岡南

【広島県】
緑井


 

 四国


【高知県】
高知

【愛媛県】
新居浜


 

 九州


【福岡県】
天神・ソラリア館、福津、直方

【長崎県】
長崎

【熊本県】
光の森、はません、宇城

【大分県】
大分わさだ、アミュプラザおおいた

【鹿児島県】
与次郎


 

持たなきゃ損?TOHOシネマズのお得なクレジットカード

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

お得な特典いっぱいのTOHOシネマズのシネマイレージカード、あなたはもう持っていますか?

シネマイレージカードは年会費500円、その後の更新料300円で誰でも作れ、面倒な電話番号等の入力はなしにIDとパスワードだけで簡単にチケット購入ができて便利です。

シネマイレージとは飛行機のマイレージのように映画を観れば観るほどマイルがたまるシステム。
映画の上映時間1分で1マイルがたまり、たまった分でポップコーンやドリンク、その他特別なプレゼントと引き換えられます。

マイルは登録した年の翌年の12月31日まで有効なので約2年かけてじっくりとためられそうですね。
さらに、シネマイレージと同時にスタンプラリーにもダブル登録ができます。
チケット発券時にシネマイレージカードを提示すると6回観る毎に1回無料で鑑賞できるのです。

こちらは有効期限がありませんから映画をそんなに頻繁には見ないという人でも気づかないうちに6回たまっていて1回無料の特典にありつけそうですね。

シネマイレージデーの火曜日は映画が1400円となり、シネマイレージカードを持っている人だけがお得です。

さらにクレジットカードのシネマイレージカードセゾンなら映画料金をこのカードで支払うだけでシネマイレージとスタンプラリーと別にセゾン永久不滅ポイントまでたまるのでとてもおすすめです。

TOHOシネマズのポップコーンの値段とそれをお得にする2つの方法!

14321ad80d5157bb8788f3811ff6a29c_s

映画のお供に欠かせないポップコーン。

TOHOシネマズでも映画の引き立て役として、個性的なポップコーンが販売されています。

北海道バターしょうゆ味や明太子マヨネーズなどのフレーバータイプが360円。

スタンダードなタイプはS・M・Lとあり、それぞれの値段は310円、360円、470円です。(一例です。地域によって値段は異なります。)

私も時々ポップコーンを注文します。

ただ、映画料金と合わせるとそれなりの金額になってしまうので、本当に時々です(^_^;)

そんなこともあり、どうにかポップコーンの値段を安く済ませる方法はないかな?とずっと気になっていました。

そして、いろいろと調べてみた結果、TOHOシネマズのポップコーンの値段をお得にする方法を2つ見つけました。

せっかくならポップコーンはお得な値段で購入したいところ。

今回の内容を参考にぜひポップコーンをお得に購入しましょう♪

 

auビデオパスならポップコーンセットが半額!

TOHOシネマズのポップコーンをお得に購入する方法の1つ目が「auビデオパス」を利用する方法です。

auビデオパスは月額制の動画配信サービスです。※auユーザー以外でも利用できます。

 auビデオパスの特徴

  • 月額562円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ1万本が見放題
  • 540コイン(540円相当)が毎月もらえ、新作動画1本を無料で観られる
  • 初回30日間は無料
  • スマホ・タブレット・PCなどで動画の鑑賞が可能

これらの基本サービスに加え、ビデオパス会員にはTOHOシネマズでの特典も用意されています。

 auビデオパス会員のTOHOシネマズ特典(月曜のみ)

  • TOHOシネマズの映画チケットが1,100円に割引
  • ポップコーンセット670円が半額以下の320円に割引

このように月曜限定ですが、auビデオパス会員なら映画の鑑賞料金とポップコーン料金がお得になります。

ポップコーン料金が安くなるのはもちろん嬉しいですし、映画の鑑賞料金が1,100円になるのも嬉しいですよね。

例えばレイトショーは1,300円なので、auビデオパス会員がいかにお得かがわかると思います。

また、月曜は仕事始めということもあり、TOHOシネマズが空いていることも割と多いです。

そんな空いている月曜にお得な料金で映画が観られるということで、TOHOシネマズユーザーにとってはありがたい特典ですよね♪

ただし、1点デメリットと言いますかこれは当たり前なんですが、auビデオパスは月額料金がかかります。

とは言っても月額たった562円(税抜)です。1日あたりたったの19円。

1日あたりたったの19円という利用料金で、

  • TOHOシネマズのポップコーンセットが半額以下になる
  • 映画鑑賞料金が1,100円になる
  • 新作動画1本が無料で観られる

などの特典が、auビデオパス会員なら受けられます。

auユーザーでかつTOHOシネマズを利用するなら、auビデオパスはおすすめのサービスです。

auビデオパスは初回30日間が無料なので、どんなサービスか一度試してみるだけでもいいかもしれませんね♪

30日間無料で試せるauビデオパス

>>さらに詳しいauビデオパスの解説を見る

 

シネマイレージカードならポイントを貯めてポップコーンSが無料に!

TOHOシネマズのポップコーンをお得に購入する方法の2つ目が「シネマイレージカード」を利用する方法です。

シネマイレージカードはTOHOシネマズでのお得な特典が満載のクレジットカードです。

シネマイレージカードでは映画鑑賞1分につき1マイルが貯まり、1,000マイル貯めることでポップコーンのSサイズやドリンクのSサイズと交換することができます。

1分で1マイルなので、1,000マイル貯めるには映画を1,000分。だいたい映画8~10本分の計算です。

すぐにポップコーンが割引になるわけではありませんが、コツコツ貯めたマイルを使ってポップコーンをいただくのも達成感があっていいですよ♪

また、シネマイレージカードはポップコーンの割引特典以外の特典も満載です。

 シネマイレージカードその他の特典

  • 映画を6本観れば1本が無料に
  • 毎週火曜日は映画料金が1,400円
  • 6,000マイルで1ヶ月フリーパスポート

特に6本観て1本無料になる特典は強力です!

毎月TOHOシネマズで映画を観るなら、年2回無料で映画を鑑賞することができます。

そして私自身、TOHOシネマズでよく映画を観るのに、シネマイレージカードを持っていませんでした。

おそらく年間4~5本分無料鑑賞を逃していたことになります…

今はシネマイレージカードを発行してお得に映画を観ているんですが、もっと早く発行していればと若干後悔しています(汗)。

すぐにポップコーンが割引になるというわけではありませんが、映画好きならシネマイレージカードはぜひ持っておきたいカードです。

6本観れば1本無料!シネマイレージカード

>>さらに詳しいシネマイレージカードの解説を見る

 

TOHOシネマズのポップコーンの値段をお得にする方法まとめ

TOHOシネマズのポップコーンの値段をお得にする方法ということで、次の2つを紹介しました。

  • auビデオパスを利用する
  • シネマイレージカードを作る

もし即行でポップコーンを割引にしたいなら、「auビデオパス」を利用する方法を使うといいでしょう!

ただし、auビデオパスでポップコーンが安くなるのは月曜のみなので、その点だけは注意が必要です。

また、シネマイレージカードを作る方法では、残念ながらポップコーンは即行で割引にはなりません…

ポップコーンを割引にするには、シネマイレージカードでマイルを貯める必要があります。

ただ、ですね…

即行でポップコーンが割引になればもちろん嬉しいですが、それ以上に映画料金が長期的に割引になる方がありがたくないでしょうか?

そもそも映画料金てホント高いですよね…

そして、そんな高い映画料金を少しでも安くしようと、割引のある曜日や時間帯を選ぶのが普通ですよね。

ただ、毎回そうやって割引のある曜日や時間帯を選ぶのも窮屈なものです。

でもだからと言って、通常料金で映画を観るのももったいないし…

誰もが抱えている映画料金の不満をシネマイレージカードなら解決してくれるかもしれません。

  • 6本の映画鑑賞で1本が無料に
  • マイルを貯めて1ヶ月フリーパスとの交換も可能
  • 毎週火曜はいつでも1,400円で映画を鑑賞

こういった料金面でのメリットがシネマイレージカードにはあります。

ポップコーンはすぐに割引にはなりませんが、コツコツとマイルを貯めることでいずれは割引も可能です。

毎回の映画鑑賞でマイルが積み上がっていくのを楽しみながら、ポップコーンの割引特典を目指してみてはいかがでしょうか?

6本観れば1本無料!シネマイレージカード

 

TOHOシネマズの料金体系|どんな割引がある?

TOHOシネマズでは、
通常は一般が1800円、大学生が1500円(学生証の提示が必要)、高校生が1000円(学生証の提示が必要)、小中学生が1000円、3才以上の幼児が1000円(一部の作品では2才以上でも加算される場合がある)です。

DOLBY ATMOS 鑑賞はこの通常料金に追加の200円がかかります。

プレミアムボックスシートでは鑑賞料金に追加の1000円がかかります。

3D鑑賞は鑑賞料金に追加の400円がかかりますが、400円のうちの100円は3D用の眼鏡代金なので、次回の3D鑑賞でもその映画館で配られた眼鏡を持参すると、3D鑑賞は300円となります。

aee42a368f867db7787261a8975c0310_s

割引サービスには、
毎月14日に1100円になるTOHOシネマズデイ、
会員限定で毎週火曜日が1400円のシネマイレージデイ、
毎月1日が1100円のファーストデイ、
映画の日である12月1日が1000円のファーストデイ、
毎週水曜日は女性が1100円のレディースデイ、
auスマートパス会員とビデオパス会員限定で毎週月曜日に1100円のauマンデイ、
夜8時以降の鑑賞が1300円になるレイトショー、
60歳以上の方が1100円のシニア割引、
どちらかが50歳以上のご夫婦お2人で、同一日時・同作品をご鑑賞の場合に二人分の料金が2200円になる夫婦50割引(運転免許証等、年齢確認のために証明できるものの提示を要求される場合があります)、
障がい者と付き添い1名様までが1000円の障がい者割引(障がい者手帳の提示が必要)

があります。

auマンデイとは?具体的にどうお得なの?

auマンデイとは毎週月曜日(祝日を含む)にTOHOシネマズ全劇場にて映画鑑賞料金が通常大人1800円、大学生1500円のところが1100円になるサービスです。

同伴者一名も1100円で映画鑑賞できます。

ただしauスマートパス会員に月額372円払って加入する、加えて月額562円のビデオパスに加入する必要があります。

ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s

 

ビデオパスに加入しているとポップコーンセットが通常670円から320円で購入することができます。

 

auマンデイとはauのサービスに加入することで映画の鑑賞料をお得にする特典のことです。

この特典は全てのau会員が対象ではなくauスマートパス会員に登録しビデオパスに加入していなければならないというところが特徴です。

月額料金を払い映画代が安くなるとなると月額料金が割引分を上回る感もあります。
普段あまり映画館で映画を鑑賞せずスマートフォンで映画・ドラマ・アニメを鑑賞しない方にはお得感が少ない印象です。

しかしながら映画を月に数回など頻繁に鑑賞される方でビデオパスにて映画・ドラマ・アニメを多く視聴される方には良いプランです。

auマンデイはネット上でクーポンを発行してネット上でチケットを購入するかクーポンを劇場に持っていくことで使用できます。